競馬新聞の馬柱や調教欄の見かたを知ることで、たくさんの情報を得ることができます。

競馬新聞の見かた

競馬初心者の人からしてみると、競馬新聞を見ても意味が全く分からないと思います。
しかし競馬をやるうえでデータや傾向に便乗することも大切で、競馬新聞は必須アイテムです。
ということで競馬新聞の見かたについてご紹介していきたいと思います。

 

まずは競馬新聞を見ていくと枠順が載っている表のようなものが目に付くと思います。
それは馬柱といいます。
馬柱には情報がたくさん載っています。

 

具体的には、行われるレースの情報、枠順、馬名、父馬の名前、母馬の名前、騎手、負担重量、その馬の前走までの成績(だいたい3走前~5走前までの成績が載っています)を知ることができます。

 

前走までの成績部分の1ヶ所だけ見ても、

  • 開催されたレースの情報、着順、着差(1馬身差なら1、頭差なら頭となっている)
  • タイム(2分ちょうどで走ったなら2000となっている)
  • 1着馬とのタイム差(1着の場合は2着馬とのタイム差)
  • 騎乗した騎手
  • 負担重量
  • 出走頭数
  • 枠順
  • 人気
  • 馬体重
  • 2・3・4コーナーでの位置取り(逃げていた馬は「1-1-1」となっている)
  • 直線での位置取り(大外から追い込んできた馬は「外」となっている)レースの前後半3ハロン(600m)のレースラップ
  • 勝ち馬名(1着だった場合は2着馬の馬名)

と、これだけの情報が載っています。
馬柱の見かたを知ることでたくさんの情報を得ることができるということを覚えておいてください。

 

 

続いて調教欄を見てみましょう。
調教欄には、

  • 騎乗者(騎手が乗っていた場合は騎手の名前、調教助手が載っていた場合は助手となっている。調教師自身が乗っている場合もある)
  • 追い切りタイム
  • 調教コースの位置取り(数字で表されていて、数字が大きくなるほど外側を走っている)
  • 追い切りの様子(一杯に追うや馬なりなど)
  • 併せ馬をしていた場合は併せた馬の名前と併せた馬との差(併せた馬の外側を走って併走してゴールしていたら外併入となっている)

が載っています。

 

これも大事な情報なのですが、馬によっては調教では本気で走らない馬などもいます。
したがって毎回見ていないと素人では判断できません。

 

そこで次に見たいのが、各陣営のコメントです。
ここに調教師や助手のコメントが載っているので、調教欄と併せて見ると分かり易いと思います。