テレビ中継ではわからない本場場や競馬場の広さに驚くことでしょう。

競馬場に行ってみる

競馬に興味を持ったら、実際に競馬場に行ってみましょう。

 

しかし、初めて競馬場に行くのに1人で行くのは不安だという方もいるかもしれません。
知人や友人に競馬好きな方がいるのなら一緒に行ってもらえるようにお願いしてみましょう。
予定が合わないということがない限り、断られることはないと思います。
競馬好きは新たな競馬仲間ができることを拒んだりしないので、初めて行った時は色々と教えてくれると思います。
友人知人から競馬を教わるのもいいですね。

 

しかし、周りに競馬好きがいないので一人で行くしかないという方もいると思います。
そんな方のために注意点や楽しみ方を挙げていきたいと思います。

 

 

まず競馬場に入るには入場券を買わなければなりません。

入場料は200円です。有人の販売所に200円を出せば、何も言わなくても入場券を出してくれます。
その入場券を競馬場入口で出せば入場することができます。
入場券の半券を持っていても、一旦外に出てしまうと再入場することは出来ないので注意してください。

 

競馬場の中に入ったら、まずはスタンドに行って本場場の広さを見てみましょう。

これはテレビ中継を見ているだけでは絶対にわからないものです。本場場の広さ、競馬場の広さに驚いてください。

 

予想の仕方は人それぞれだと思いますが、初めて競馬場に行ったのならばパドックに行って実際に馬を見ましょう。

予想の役に立つかはわかりませんが、ぜひとも体験しておきたい場所の一つです。

 

続いて馬券を買います。

初めての方には馬券の買い方がわからないという人もいると思います。
馬券はマークシートに買い目を記入して買うのですが、マークシートの種類も何種類かありどれを選べばいいのか分からなくなると思います。しかし安心してください。競馬場には初心者向けにマークシートの選び方や記入の仕方を教えてくれるインフォメーションコーナーがあります。わからないことがあったらインフォメーションコーナーで聞くようにしましょう。

 

また、競馬場にはグッズショップやいろいろな施設があるので、競馬場に慣れてきたらそちらを楽しみに行くのもいいかもしれません。